たぬきのはらつづみ

レゴデュプロ・育児・投資 ブログ

格安SIMへ乗り換えるための条件整理

【スポンサーリンク】

どうして格安SIMに移行しようと思ったか

急きょ、予定外の入院をすることになったものの、大部屋の空きはなく、追加料金で個室になりました。1日あたり、+8000円~1万円。想定外の出費です。

    約7日の入院予定だったので、全日個室になると最高7万+基本料金が発生するのだなと思うと、現在育休中の身としてはどこかで節約しなくてはと感じました。

    (高額療養制度を利用すれば、月々の上限はありますし、医療保険の保険金なども入ってくる予定ではありましたけれど、予定外の出来事に痛い出費だなと漠然と不安を感じました)

    「節約」のために今できること、、、、、を入院中に考えていたところ

    日々の生活費(食費、日用品費等)を削る努力というのは、無駄があるならやるべきだが、それほど大きな削減にはならない。

    大きく削れるものかつ常に発生しているものを対象としなくてはと考えた結果

    固定費のうち、すぐに対応可能で削減効果が高いと思われたのが、「通信費(格安SIMへの切り替え)」だったのです。

f:id:tanukinohara:20170912235406p:plain

ただ、格安SIMでは「緊急地震速報」が受け取れないのではという点は不安でした。調べてみたところ、受信可否は端末依存のようです。

当方が所有しているスマートフォンは受信可能(ツイッター等で受信の実績報告もあり)だったこともあり、思い切って切り替えることにしました。

そうはいっても、本当に受け取れるかは、実際に緊急地震速報がだされないと確認ができません。やはり心配なので、地震速報系のアプリも追加インストールし、対策することにしました。

 

どの会社の格安SIMにするか

ネットで検索すれば、格安SIMを取り扱っている会社はいくらでもヒットしますが

私が重視したポイントは下記です。

  • ドコモ回線を利用していること(ドコモで購入した端末のため、ドコモ回線利用であれば、SIMロック解除不要であり、端末をそのまま流用できるため)
  • 契約数が多い大手であること(サービスが突如終了することを避ける。利用者が多ければ、困ったときにネット上で情報が探しやすい)
  • 通信制限が日単位のプランがあること(翌日に制限が解除される点が魅力。家ではWi-Fiを使用するので、通信量が多いアップデート等を外でやる必要がない)
  • かけ放題でなくても、一定時間(10分程度)通話料無料のプランがあること
  • SIMを追加したり、データパックをシェアできること。(家族での利用を想定)
  • 格安SIM会社同士を比べた時に多少、料金が高くてももこれらの条件を満たすこと
  • データバックアップサービスや端末保証サービスがあればなおよい。
  • 家のインターネット回線もまとめて、割引などがあればなおよい。

 ※色々並べましたが、各社しっかり比べたというよりは、「全て当てはまっていたOCNモバイルONEを選択した」という感じです。

 

次の記事では、実際の移行手順について、記載します。

tanuhara.hatenablog.com

スポンサーリンク