たぬきのはらつづみ

レゴデュプロ・育児・投資・節税 ブログ

アイクレオ こころのおくりもの 出生体重で作る オリジナルベア が届きました

【スポンサーリンク】

アイクレオのミルク缶(800g)を消費すること、30缶。応募シールがたまっていたことには気が付いていましたが、なんやかんやと応募が遅れ、3か月前にやっと投函しました。(ロングランコースの応募者全員プレゼントです)そして、ついに、先日、オリジナルベアが我が家に届いたのです。

アイクレオ こころのおくりもの オリジナルベア 

上の子の分です。生まれた時の体重で作るクマのぬいぐるみです。

f:id:tanukinohara:20170904084109j:plain

スタイに、ハンカチをかけて隠してしまっていますが、ここには

「名前(下の名前)」「生年月日」「出生時の体重」が刺繍されています。四葉のクローバーとglicoの文字も入っています。

抱っこした感想

夫も私も同一の感想ですが、「むむむ、こんなに重かったっけ??」と感じました。

いや、産まれた時3000gちょっとあったので、まぁ、最近だとちょっと重めかもしれません。でも、当時は、「新生児というのは、すごく軽いもんだなぁ」と思った記憶があります。

わが子を初めて抱っこした時の感想も、愛おしいというのが一番ではありましたが「赤くて柔らかくて、軽くて、こんなに、か弱い生きものなのかぁ。心を込めてお世話しないと。気を抜いたら大変だ」なんてドキドキしたものです。それがなんと、くまさんが3000gちょっとだと、なんともずっしり重く感じる。不思議なものです。

オリジナルベアのつくりについて

申し込みから3ヶ月かかっているのもあり、しっかりと縫製され、毛並みも綺麗です。専門の業者に依頼したことはないので、実際に並べて比べたりはできませんが、クマのぬいぐるみとしてみると、おもちゃ屋さんに陳列されているクマとは違う毛並みと質感ではあります。安っぽいといったことは、全然ないですよ。

専門業者に依頼してつくるのとアイクレオでゲットするのは、どちらがお得?

こんなことをいっては野暮なのですが、もともと、アイクレオを与えたきっかけは、産院で2缶もらった&退院後に間髪入れずに、安く買えるキャンペーンを案内されたからでした。導入時に他のミルクと比較検討したわけではありません。ただ、結果的に、こどもも便秘知らずで元気にすくすく育ち、途中、他のミルクに変えたら、便秘したこともあったので、ちょっとお高めですが、アイクレオを使い続けました。そしたら、30枚たまっていたんですねー。離乳食が軌道に乗る頃には、たまっていたかと思います。ので、離乳食以降は、安めのミルクに変えました。ほほほ。

 オリジナルベア獲得までに消費したミルク缶の合計金額

アイクレオは、いつも「ヨドバシ.com」で購入していました。ポイントを考慮すると他で買うよりお買い得かと思います。ご参考→価格.com

※あとは、Amazonパントリーなども安く手に入ります。定期お特便もやっているかもしれないので、チェックしてみてください。(ただ、定期お特便はいつの間にかに価格が変更になっていることがあります。高く更新されていることもあるので、監視が必要です)

100円未満切り上げで計算して1缶「2500円(税込)」と、ちょっと多めに設定して計算します。

2500円×30缶→7万5000円

お手頃価格のミルク缶を30缶消費した場合の合計金額

離乳食期に、切り替えたお手頃な「はいはい(810g)」を例に計算します。

近所のドラックストアでは、2缶3800円(税込)程度です。おまけのおしりふきがついていて、アイクレオより、10g多いです。そこらへんは今回考慮せず比較します。

価格.comで確認しても、2017/9/4時点で送料込の1缶あたりの最安値が1900円(税込)です。一缶「1900円(税込)」として計算したいと思います。

1900円×30缶→5万7000円

※「はいはい」がお手頃なのは、広告費がかからないからのようです。

ご参考→数ある粉ミルク商品の中で、和光堂「はいはい」が特に安い理由 | マイナビニュース

 専門業者に依頼して作る体重ベアの価格

「体重ベア」で検索して1ページ目にでてくる業者を例に考えます。

通常、1万5000円のところ、今なら、税込1万584円です。ただ、毛並みの感じは画像を見る限り、アイクレオより玩具用っぽいですね。最安値と比較するのは微妙かもしれません。一応、通常価格の税込価格と比べましょうか。「1万6200円」

体重ベアを購入する際にかかると思われる費用→1万6200円

アイクレオでゲットするのは、お得なのか。結論

・アイクレオ30缶「7万5000円」※体重ベアは応募者全員プレゼント

  →合計7万5000円

・お手頃ミルク30缶「5万7000円」を使用し、自分で体重ベア「1万6200円」を購入する場合

  →5万7000円+1万6200円=合計7万3200円

 

結論・・・お手頃ミルクを使用し、自分で体重ベアを購入した方が、金額としては「1800円」お得です。ただし、画像から判断するにアイクレオのベアの方が質は上のように思われます。アイクレオは口コミではよく、便秘が少ない、他のミルクより甘みが弱く、完全ミルクで育てたとしても太りにくいなどといわれています。うちの子は、実際、その通りでした。その点、考慮して、1800円が高いかどうかですかねぇ。1缶あたりに換算した場合は、お手頃ミルクより、60円高いということになります。

※もっとお得なミルクや体重ベアと比較した場合は、より差が開きます。一例としてご理解ください。

※価格は常に変動する可能性があります。購入時は、最新価格で比べてください。

 

オリジナルベアが届いた感想(全体まとめ)

子どもが大きくなったのを実感するとともに、こんな重いものがお腹にはいっていたのかと不思議に感じました。

アイクレオを購入していた当時は、他のミルクより高いなぁと思い、節約のために別のミルクに変えようかと思ったこともありましたが、こどもの体質にあっていたので(他で便秘したので)結果的に離乳食初期まで使用しました。

せっかくなのでと申し込んだ全員プレゼントの「オリジナルベア」でしたが、つくりもしっかりして毛並みと質に高級感もあり、満足しています。一缶、60円高いだけで便秘知らずな乳児期と素敵な体重ベアをいただけて、私は大満足ですね。お勧めします。